脳性麻痺のちゃまくん

重症新生児仮死で産まれ重度の脳性麻痺と診断された息子“ちゃまくん”について綴りたいと思います。

前回のブログの追記

「68歳母、日記代わりにブログ書いてます」の記事の追記です。

 

www.chamamippi.com

 

母の日記の中に「心停止までしてママを助けたのだから、本当にありがとうね」とあります。

 

その意味をお教えします。

 

୨୧┈┈┈୨୧┈┈┈୨୧┈┈┈୨୧┈┈┈୨୧

 

実は私自身、癒着胎盤による弛緩出血にて大量出血し、生死を彷徨いました。

 

ちゃまくんが心拍停止したので緊急帝王切開になりましたが、お腹を開いていたので大量出血にも早期に対応できたと考えています。

 

もしそのまま経膣分娩でお産が進んでいたら、止血作業に時間がかかっていた可能性があり、最悪手遅れに…。

 

それで、ちゃまくんがお腹の中で「ママ、このまま産んだら死んじゃうよダメだよお腹切って」帝王切開になるように心拍停止までして教えてくれたのかなと思っているのです。

 

それで私の母はいつもちゃまくんに「ママを助けてくれてありがとうね」と言ってどんぐりころころを歌ってくれているということなんです。

 

どうしてお腹の中で心拍停止したのか、真実はわかりませんが、私もちゃまくんが私の命を救ってくれたのだと信じています。

 

だから私もちゃまくんに感謝しています。

 

次はママがちゃまくんを救う番だよ。ずっとずっと守るからね。

 

ちゃまくんを撫でながらいつもそう話しかけています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 脳性麻痺へ
にほんブログ村