脳性麻痺のちゃまくん

重症新生児仮死で産まれ重度の脳性麻痺と診断された息子“ちゃまくん”について綴りたいと思います。

離乳食とラコール始めました

ちゃまくんついに離乳食開始しました。

 

きっかけは10ヵ月健診です。

 

ちゃまくんの健診は6ヵ月までは産まれた大学病院でやっていました。

 

退院後は近所の小児科クリニックの先生が診療終了後に自宅に来てやってくれることになっていて、先日(と言ってももう2か月前 ^^;)10ヵ月健診がありました。

 

 食事はミルクのみとお伝えすると、ミネラル入れたいね、特に亜鉛と言われました。

 

その後、訪問診療の先生に相談したところあさりの味噌汁とか入れていいよ!とのことだったので、離乳食開始に至ったというわけです。

 

ちゃまくんついに味噌汁が飲める!!!

 

と思って張り切っていたのですが、よくよく考えると母乳とミルク以外注入したことがないのにいきなり味噌汁を入れていいものか…。

 

いくら消化機能が良いとはいえ、普通の子と同じように離乳食を始めた方がいいのでは…と思い、離乳食について調べることにしました。

 

そして、いきなり味噌汁を入れるのはやめて、重湯から始めてみることにしました。

 

重湯数日…人参のすり潰し数日…りんごのすり潰し数日…を経てついにあさりの味噌汁の上澄みを注入することができました!!!

 

ちゃまくん特に調子が変わることはなく、ミルクとミルクの合間におやつ感覚でほぼ毎日離乳食という名の食事を注入しています。

 

だいたい50~100ml程度。

 

唯一変わったことと言えば、便の色が黄色から茶色になったことですかね。

 

大人の色や~!!!と夫と歓声を上げました(笑)

 

そして、実家の母から夕張メロンが送られてきたので0歳にして高級フルーツの味を知ってしまったちゃまくんでした( ̄▽ ̄)

 

୨୧┈┈┈୨୧┈┈┈୨୧┈┈┈୨୧┈┈┈୨୧

 

その後、大学病院の主治医の受診があり、最近離乳食を始めたことを伝えるとラコールも出すよと言われました。

 

ラコールとは・・・

正式名称はラコールNF配合経腸用液。栄養成分をバランスよく含む半消化態の経腸栄養剤です。通常、手術後、特に長期にわたり食事ができない、または不十分な場合の栄養補給に使用されます。

 

大人も飲めるミルクよりもカロリーが高い栄養剤です。

 

ミルク5回だったのを、ミルク4回ラコール1回とかにしていって、徐々にミルク卒業を目指すことにしました。

 

主治医は食事は体重増加率を見ながら増えすぎない程度に適当でいいよというスタンスなので、ミルクとラコールのカロリーを計算してミルク160ml、3回ラコール100ml、2回、合間に離乳食という感じにしました。

 

ラコールを開始してすぐは少し胃残ありだったのですが、最近はラコールも胃残なし。朝早くからお腹空いたと訴えてくるようになったので、寝る前のミルクを180mlに増やしています。

 

そんな感じでちゃまくんは食事も日々進化しています。

 

大きくなったら大人と同じものを胃ろうから入れられるらしいので(ミキサーにかけてドロドロにします)楽しみです。

 

もう少しでお誕生日のちゃまくん♡

 

ちょっと甘いジュースと美味しいフルーツを用意する予定です(*^^*)

f:id:chamamippi:20200801205246j:image

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 脳性麻痺へ
にほんブログ村