脳性麻痺のちゃまくん

重症新生児仮死で産まれ重度の脳性麻痺と診断された息子“ちゃまくん”について綴りたいと思います。

日常生活用具の給付でポータブルSpO2モニター購入!

最近お出かけ用にポータブルSpO2モニターを日常生活用具の給付を利用し購入したので、今日はそれについて書きます。

 

酸素の会社でSpO2モニターをレンタルしているのですが、卓上でお出かけに持って行くには少し大きくて不便なんです。

 

これです。

f:id:chamamippi:20200908153842j:image

 

 

顔色見ればサチュレーションが下がったらすぐわかるので少し近所にお散歩って時にはモニターをつけないで行くこともあるのですが、やはり少し不安なんですよね。

 

なのでポータブルのSpO2モニターが欲しくて色々調べてみたらAmazonとかでは赤ちゃんの小さい指にもつけられるものがなかなかない!

 

このようなものばかり。

f:id:chamamippi:20200911170744j:image

 

 

現在、卓上のSpO2モニターで使用している赤ちゃんの指にもつけられるものがこちら。

f:id:chamamippi:20200911165409j:image

f:id:chamamippi:20200911165415j:plain 

 

このように赤ちゃんの小さな指にもつけられるものがなかなかなくてポータブルモニターは諦めていました。

 

そんな時にTwitterで卓上のSpO2モニターをレンタルしている会社でポータブルのSpO2モニターもレンタルしているという情報をゲット!!!

 

早速、卓上のSpO2モニターをレンタルしている会社に電話しました。

 

ポータブルのSpO2モニターはレンタルではなくて購入という形を取っているとのことでした。(会社によってレンタルか購入か異なるようです。)

 

日常生活用具の給付で購入できることを教えて下さり早速資料請求して、その後見積もりを送ってもらいました。

f:id:chamamippi:20200908154727j:plain

 

送られてきた見積もりをもってすぐに役所に行き購入の申請をしました。

 

  1. 資料請求
  2. 見積もり依頼
  3. 役所で申請
  4. 自宅にSpO2モニターが届く

 

この流れで20日(約3週間)でした。

 

資料請求と見積もり依頼を同時にすればもっと期間短縮できたかなと思います。

 

電源コードではなく電池式ですが、お出かけの時ポータブルだと小さいので荷物にならずかなり楽です!

 

~以下お金に関して~

 

ちゃまくんは身体障害者手帳1級で日常生活用具の給付を利用することができました。

 

上限15万円までの給付で自己負担額1割でした。

 

ポータブルSpO2モニターは約10万円弱でしたので、約1万円弱で購入しました。

 

うちの場合はレンタルではなかったのですが、日常生活用具の給付で購入できることを知れて、実際に購入できてよかったです。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 脳性麻痺へ
にほんブログ村