脳性麻痺のちゃまくん

重症新生児仮死で産まれ、重度の脳性麻痺と診断された息子 “ちゃまくん” について綴っています。

引っ越しという大きな決断をしました

結婚してすぐ私たち夫婦はマイホーム購入という大きな決断をしました。

 

立地、環境、間取り、設備、申し分ないお気に入りの一軒家でした。

 

ちゃまくんが退院して、家族3人マイホームで穏やかに過ごすことができました。

 

ちゃまくんは呼吸器に持続吸引、モニターを常に身に付けています。すぐそばにアンビューバックと酸素、吸引器の待機も必要です。

 

一日の生活で階の移動は少し大変なので、2階のリビングにベッドを持ってきてリビングで生活しています。

 

お風呂もリビングのダイニングテーブルにベビーバスを置いてそこで入れています。

 

ちゃまくんは今はまだ小さいので抱っこで階段移動ができますが、今後大きくなってきたら2階リビングの家での生活は現実的ではないのでは…と思い始めました。

 

ベビーバスに入れるのも今だけ…。

 

そのようなことを考えて、引っ越しを検討し始めました。

 

そして、どうせ引っ越すならこの際私の実家のそば(遠い)に行こうと思ったのです。

 

実家は両親の他に私の姉妹弟も全員いるし、ちゃまくんのいとこもたくさんいます。

 

夫も私の家族と仲が良く、実家のそばに引っ越すことを決意してくれました。

 

実家のそばにバリアフリーのお家を建てるのが今の夢であり目標です。

 

夫の両親も「離れるのは寂しいけどちゃまくんにとっていい決断だよ」と言ってくれました。あぁ感謝(´;ω;`)ウッ…

 

私にとっても家族が近くに居てくれることはかなり心強いです。

 

夫も安心して仕事に行けると思います。夫は出産後ずっと育休中。

 

夫と気に入って買った最初で最後になるはずだったマイホームを手放すのは少し…いや、かなり寂しい。

 

でも、思い出すと胸がギューっと締め付けられる思い出を、新しい土地の新しい思い出で塗り替えてくれたらいいなって思っています。

 

お腹の中で元気にボコボコ私のお腹を蹴っていた頃のちゃまくんを思い出しても苦しくならないくらい新しい楽しい思い出を作りたいです。

 

数日後に迫った引っ越しまで片付け頑張ります!!!

 

ちなみにちゃまくんの新しい通院先、訪問診療、訪問看護全て決まっています。受け入れ体制はばっちり!のはずです!

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 脳性麻痺へ
にほんブログ村