脳性麻痺のちゃまくん

出産時の低酸素により重度の脳性麻痺と診断された息子 “ちゃまくん” について綴っています。

ちゃまくんママPCR検査を受けるの巻

タイトル通り私PCR検査を受けました。

 

結果を先に言うと陰性です!

 

PCR検査を受けるまでのことを書きます。

 

3/11

夫が「風邪引いたかも…喉痛い…」といい、別室に隔離

 

3/13

私、喉の痛みを自覚(嚥下痛)

 

3/14

ちゃまくん、熱発(38.2℃)→訪問診療の先生診察

インフルエンザ、コロナ、RS 陰性確認

 

私、嚥下痛のみ

 

3/15〜18

ちゃまくん、風邪からの喘息発作で頻回な気管吸引、カフアシスト、吸入をひたすらやっていて自分の体調のこと覚えていない

 

3/18 夕方

私、悪寒→37.5℃→38.2℃→39.4℃ 

喉の痛みと咳

別室に隔離で寝る

 

3/19

熱下がる→36℃台前半

喉の痛みと咳はある

 

コロナとPCR検査について調べると、下の画像が出てきました。私は真ん中の丸つけた部分に該当するためかかりつけの大学病院に電話。

f:id:chamamippi:20210320204730j:image

 

保健所に電話してと電話番号を教えてもらう。

 

保健所に電話すると住所を聞かれて家から近い発熱外来やってる病院を紹介される。

 

発熱外来やってる病院に電話→時間指定で病院来るように言われる。病院に着いたら入らず電話してと。

 

妹が車で連れてってくれて病院前で電話。職員通路から院内へ。

 

隔離された処置ベッドに案内され、すぐ診察。

 

症状出てから発熱まで時間が空いてるからコロナの可能性は低そうだけど念のためPCR検査を実施することになる。

 

基礎疾患もあるため念のためレントゲンも。レントゲンの結果肺炎の所見なし。

 

PCR検査の結果は明日か明後日電話するとのことで診察終わる。

 

ちなみに高熱と倦怠感からちゃまくんのお世話をするのはしんどく、夫に仕事休んでもらいました。

 

3/19

朝37.7℃→36℃台

喉の痛みと咳続く

 

病院からコロナは陰性!と連絡あり。

 

コロナが陰性だとわかれば受診してもいいって言われると思うからかかりつけの病院に行きなさいと言われたため週明け大学病院受診。

 

結果、肺炎でした。

 

レントゲンに白い影が写っていました。

 

軽めなので外来でいいよと主治医。

 

ちょっと出しすぎかしら〜ふふふと言いながら肺炎の薬をがっつり出してくれました!笑

 

これで私は大丈夫!

 

さ、次はちゃまくんです。喘息がなかなか良くならず。

 

自宅でみてもいいし入院してもいいって言われていたのでしばらく自宅でみてましたが、私が肺炎になってしまったのでこれを機に入院させることにしました。

 

今は夫付き添いの元、病院で喘息の治療をしています。

 

私の肺炎は良くなってきたのでそろそろ付き添い交代します。

 

そんなこんなでPCR検査を受けることになってしまったお話でした。

 

濃厚接触もしていないし、密な場所も行っていないので大丈夫だとは思ったのですが、念のためと思って行動しました。

 

皆さんもお大事にして下さい。

 


 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 脳性麻痺へ
にほんブログ村